園区について

過去 | 中興製紙工場

ここは、もともと日本統治時代の1935年に「台湾興業株式会社」として営業を開始した製紙工場でした。1959年に国営事業となり、社名が「台湾中興紙業股份有限公司」となりました。日本統治時代のススキやサトウキビの搾りかすを利用した製紙方法から、化学工業による近代パルプ製造へと変遷していきました。主に新聞用紙を生産しており、他にも、紙幣用紙、宝くじ用紙、雑誌用紙、ちり紙、模造紙等の各種紙製品が製造され、台湾における最大規模の製紙工場であるだけではなで、その生産量は東南アジア一を誇りました。

2001年、製紙工場としての経営は終わりを告げ、歴史の幕を閉じました。その後、2014年に宜蘭県政府がここを引き継ぎ、工業遺構を保存し活性化を通して、新たな文化の創造、育成、定着を行ない、このエリアの再生と再利用をしていくこととなりました。眠りについていた中興製紙工場の建物や設備は、新たな命を吹き込まれて文化施設として生まれ変わったのです。

現在と未来 宜蘭興自造 |  Yilan ,Nu-creators

「中興文化創意園区」は、発展した時期がそれぞれ異なり、それによって四つのエリアに分かれています。このうち、人才の育成、産業の発展促進、芸術の共同創造、基地の創造を中心とした「文創一専区」は、新たに「宜蘭興自造」というブランド精神を確立させ、定期的に展示会を開催し、新たな技術や人材を発表する場を設け、映像や音楽のパフォーマンスを提供し、さらに、廃墟となっている工場跡地群を参観するイベントなどを行なっています。園内を散策しながら、園区特有な歴史空間を感じていただくと同時に、多くの活動を体験し、新たに文化と芸術を創造する「興動力」を「心」から感じてみてください。

           

  サービス

  • 案内所でのインフォメーションサービス
  • 園区の紹介、イベント宣伝
  • 迷子、遺失物のアナウンス
  • 遺失物預かり(遺失物公告)
  • 飲水機
  • 救急箱、簡易AED装置
  • コインロッカー
  • 携帯電話充電コーナー
  • 授乳室
  • 車椅子、ベビーカーの貸出し(身分証明書と引き換え)